効果的な脱毛方法|口コミで話題のtbcや美容外科クリニックで医療脱毛を受ける

効果的な脱毛方法

ウーマン

痛みがありそうなイメージ

レーザー脱毛は痛みがありそうというイメージを持つ人が少なくないと思います。しかし、痛みが少ないことが特徴なのが医療脱毛です。

医療行為による脱毛

医療脱毛は医療行為による脱毛なので、痛みが少ないだけでなく、より効果的な脱毛をすることができます。

医療レーザーの作用

脱毛に使用される医療レーザーは、特定の色や物質に反応して作用します。毛の色素に反応して毛根を破壊します。

皮膚を傷つける心配が無い

毛の組織のみにレーザーが作用するため、周囲の皮膚を傷つけることなく脱毛を行なえるのが医療脱毛の特徴です。

急速に普及している

痛みが少なく脱毛を効果的に行なえるので、医療脱毛は今心斎橋で急速に普及しています。

痛くない医療脱毛

医療脱毛は痛みが少なく、効果を実感できます。そのレーザーの種類が様々あるので紹介したいと思います。

医療脱毛レーザーの種類

ダイオードレーザー

照射範囲が広いので短時間で施術が完了するレーザー脱毛です。低刺激なので痛みに弱い方も安心して受けることができます。

ロングパルスヤグレーザー

深いところまでレーザーが届くため、濃いひげやIライン、Vラインの脱毛に使用されます。

YAGレーザー

日焼けしている肌にも使用できるレーザー脱毛です。濃い毛の脱毛に最適です。

ライトシェア・デュエット

一番の特徴は痛みが無い事です。毛をしっかりと認識してレーザーを照射します。照射範囲が広いことで施術時間が短く済みます。

医療脱毛Q&A

色素沈着があるが脱毛できる?

色素沈着の程度によるのでまずはカウンセリングと診断を行ないます。火傷や悪化の可能性がある場合は、その部位を避けてレーザー脱毛を行ないます。

肌が弱くても脱毛できる?

実際にカウンセリングとレーザーのテスト照射をして問題なければ可能です。

医療脱毛で体に影響は?

体への影響などは特にありません。しかし、妊娠中や授乳中の場合は施術のリスクを考えてお断りする場合があります。また、お子様への施術も同様の理由によりお断りする場合があります。

アレルギー体質でも大丈夫?

強い炎症などを起こしている場合は症状が落ち着くのを待ってから施術を行ないます。アレルギーの種類によりますが、ほとんどの場合は問題ありません。

薬を服用中でも大丈夫?

服用中の薬にもよりますので、カウンセリング中に気になることはお尋ねください。